整った家で暮らしたい

ズボラ主婦が家の中も自分の心身も整った暮らしを目指す雑記ブログです。

PMSのイライラに効果のある(かもしれない)3つの方法

読んで下さりありがとうございます。

 f:id:fuuchin:20191203144305p:plain

一月のうち1週間ほど、どうしてもイライラが止まらない週があります。

 

PMS(月経前症候群)です。

 

PMSと付き合って20年。自分なりの対処法ややり過ごし方をご紹介したいと思います。

PMSに悩んでいる女性や、パートナーが突然イライラし始めて困っている男性のお役に立てればいいなと思います☆

 

 

PMSの原因と症状

PMSは排卵から月経までの間のホルモンバランスの乱れが原因と考えられており、多くの女性が不快な症状に悩まされているといわれています。

 

主な症状は頭痛やイライラ、腹痛、肌荒れなどですが、人によって様々なので暴食(したい衝動)など体の不調以外にも症状が出ることが有ります。

 

私の場合、イライラと暴食と血行不良による背中と腰の痛みです。

 

この時期になると、自分でも理不尽だと分かっていてもイライラして子供達に怒る回数が増えてしまいます。

f:id:fuuchin:20191216213650p:plainこんな風に子供たちに吠えていることと思います。

 

さらに腰が痛いから余計イライラするという悪循環。

家族には申し訳なく思いますが、自分でも止められないです。。

 

PMSの対処法

婦人科を受診

一番の対処法は婦人科を受診して相談することだと思います。

 

婦人科を受診するのはなかなか勇気が要ると思います。

しかし、先生も看護師さんもたくさんの患者さんを診察されているので、自分にとっては一大事でも意外と「よくあるよ~」って流されたりします。

 

PMSの件ではありませんが、今まで3軒ほど違う病院を受診しましたが淡々と診察されて終わりました。

※わりと地域密着型の古い病院だったからかもしれませんが。。

 

今は女性の病気に特化した病院も多く見かけますが相性もあるので、口コミなどを調べてから受診する病院を選んでも良いと思います。

 

自分でできるイライラの対処法

PMS症状の多くの方に当てはまるイライラ。

完全に抑えることは難しいですが、何点か気を付けると症状が緩和される場合があります。

カフェイン、アルコールを控える

アルコールもカフェインも脳を刺激し興奮状態になってしまうので、イライラを悪化させてしまいます。

イライラするときは白湯やホットミルクなど、脳に刺激の少ない飲み物がおすすめです。

意外とホット麦茶も美味しくて温まるのでお勧めです☆

 

暴食に気を付ける

突然チョコレートなどの甘いものが食べたくなったり、食べても食べても口さみしくなって食べ続けたり・・・

これもPMSの症状の一種だと思われますが、暴食は血糖値に影響を与える為避けた方が良いです。

バランスの取れた食事をとるように心がけましょう。

私は口さみしいときはプルーンを食べるようにしています。

来る鉄分不足に備えるのに持って来いのおやつです☆

 

軽い運動をする

 PMSの頃は水分が溜まりやすくよくむくみます。

軽い運動は体の巡りがよくなり、気分もすっきりするのでイライラ解消におすすめです♪

ストレッチをするだけでもかなりすっきりしますよ☆

 

PMSをやり過ごす方法

症状にもよりますが、やはりストレスは大敵です。

 f:id:fuuchin:20191216225654p:plain

なるべくストレスをためないように、リラックスできる時間を増やしたいですね。

 

お風呂にゆっくり浸かって体を温めたり、すべて放り出して寝たり、今だけ仕方ないと思って自分を休ませるのも効果的です。

調子が良くないときは諦めて、うまく手を抜きましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

「これが一番!」という対処法はなかなかありませんが、少し意識するだけで症状が楽になるかもしれません。

また、症状が出るのは一週間程度ですが、日々の過ごし方が大きく影響します。

 

日ごろから生理不順で悩んでいる方は規則正しい生活を心掛けましょう。

 

そして月の半分以上も体調がよくない方や寝込むほど調子が悪くなる方は婦人科を受診しましょう。

 

少しでもつらい症状が緩和されるのに役立てば幸いです!

 

生理痛の緩和に布ナプキンをお勧めした記事です↓

www.comfortable-lifestyle.com

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村