整った家で暮らしたい

ズボラ主婦が家の中も自分の心身も整った暮らしを目指す雑記ブログです。

喘息マーク(バッヂ)をご存知ですか??たくさんの人に知ってもらいたい思いやりを持つためのマーク色々。

喘息マーク(バッジ)をご存知ですか?知ってもらいたいヘルプマークなど
読んで下さりありがとうございます。

暖かいと思ったら厳しい冷え込みだったりと気温差が激しくて体調管理が難しいですよね。

 

我が家の子供たちも軽い喘息のため、気温差が大きいと咳が止まりません。

 

職場にもひどい喘息の方がいるのですが、発作が出ると咳が出てしまい辛そうです。

 

本人もエチケットのためマスクをしているのですが、風邪と勘違いされたり近頃では肺炎が流行っているためすごく嫌な顔をされてしまうと悩んでいました。

 

「移りませんよ!」と言いたくなる気持ちもとってもよくわかります。

 

逆に、ちょっとした病気でも命に関わる方と暮らしていると、周りの方の体調にも神経を使いますよね。

 

本記事では、お互いに気持ちよく過ごせるための名案!

 

多くの方に知っていただきたい便利な喘息バッジや他にもこんなのありますというものをご紹介します!

喘息バッジとは??

「この咳は移りません」ということがイラストと一緒に表現されている缶バッヂです。

男性でも女性でも大人でも子供でも、様々なデザインが用意されているので好きなデザインを選べます。

喘息バッジの種類

booth.pm

喘息バッヂはどこで買えるの??

BOOTHというサイトで販売されています。
booth.pm

作者の方は喘息患者の女性、Nagaさんという方。

 

商品の紹介欄には

と記載されています。

 

当事者ならではの苦労からできたアイデア商品ですね。

 

多くの喘息患者さんたちも絶賛しています。

comical.booth.pm

喘息だけじゃないマーク色々

アトピーマーク、ヘルプマーク、マタニティマーク

Nagaさんは喘息マークの他にも「アトピー」「花粉症」などの缶バッヂも作成されています。

 

また徐々に知名度が上がった「マタニティマーク」「ヘルプマーク」など。

 

見た目にはわからない体調を知らせてくれるマークは、人混みに出ていく時に安心して行動するための大切なマークです。

 

時々、マークを付けているがために嫌がらせを受けるのでつけないとも聞きますが、本当に残念な話です。

 

マークを付けている人が必要な時にサポートを受けられるような、安心して出歩ける世の中にしていきたいですよね。

エスカレーターは止まりますマークも

エスカレーターマナーマーク

近年、注目されているエスカレーターのマナー。

 

急ぐ方は階段を使って、エスカレーターは歩かないで利用するというものです。

 

エスカレーターの利用マナー聞いたことはあるけど、急いでいるとつい・・・ということありませんか?

 

たとえバランスを崩したとしても、しっかりつかまって踏ん張って倒れないようにできるなら大丈夫かもしれません。

 

 

それが急停止した時にもできるでしょうか。

 

また、乗っている人みんなが健常者とは限りません。

 

というのも、私の父は右半身麻痺なので、エスカレーターは左側に立たないとつかまれませんし、歩いて上ることもできません。

 

逆に左側麻痺の方は右側に立たないとつかまれないのすが、関東では右側を空けてそこを歩いて上る人が多い。

 

 

エスカレーターに乗るのも大変だと思うんですけど、横を通り抜けられるのはもっと怖いはずなんです。

 

さらには転倒してしまうと自力で立ち上がるのは難しい。

 

うちの父は自力で立ち上がれないし、身体が大きくて女手では持ち上げられないので絶対に転倒させないように気をつけています。

 

そんな背景もあり、急いで上りたい方は階段利用を広めていただきたいです。

 

これも父が半身麻痺にならなければ多分理解できなかったことだと思うので、この話を聞いて少しでも多くの人に知っていただきたいです。

マークができた背景を考える

そもそも喘息マークができた背景は咳をしていると「白い目で見られる」ことがきっかけです。

 

マタニティマークやヘルプマークは見た目にわからなくて優先席に座って文句を言われたり、体調不良を理解してもらえないから。

 

そんな事情はお構いなしに心無い言葉をかける人、冷たい態度を取る人もいます。

 

苦しんでいるときに舌打ちをされたり、露骨にいやな顔をされると傷つきますよね。

 

また、今は違ってもいつか自分や大切な人がマークのお世話になる日が来るかもしれません。

 

身近に対象の人がいないと理解するのは難しいと思います。

 

でも、このマークが相手の体調に対する理解への架け橋になればいいと思っています。

 

そのためにも対象者やその周りの人だけでなく大勢の人にマークの意味を知ってもらいたいので、たくさんの人に知らせることをしていきます。

喘息マークのまとめ

いかがでしたか?

本記事で紹介したマーク以外にもまだまだたくさんあると思います。

 

見かけたらどんな意味かぜひ調べてみてください。

 

マークが広まって、人ごみに出るのに辛い思いをする人が一人でも減ってくれれば。

 

体調に問題があっても、楽しくお出かけができる人が増えてくれればと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 


人気ブログランキング