整った家で暮らしたい

ズボラ主婦が家の中も自分の心身も整った暮らしを目指す雑記ブログです。

カフェイン抜き生活を始めました!離脱症状色々乗り越えて。

読んで下さりありがとうございます。

 

f:id:fuuchin:20191203144305p:plain

普段、すごく濃い(と周りに言われる)コーヒーを一日2杯飲んでいました。

今までも何度かカフェイン抜きを試していたのですが、離脱症状がかなりひどく断念していましたが、今回年末年始のお休みがいつもより長いので、再度挑戦することにしました。

完全に抜けたわけではありませんが、離脱症状などが参考になれば幸いです。

 

私のカフェイン摂取量

余裕があるときはハンドドリップで淹れたりしていましたが、最近はインスタントコーヒー(ブレンディ)250mlほどのマグカップに小さじ2杯を牛乳と8:2くらいの割合で飲んでいました。

朝7時過ぎに1杯。お昼過ぎ14時ころに1杯。

 

カフェインが切れると離脱症状が辛いので以前は一日4~5杯飲んでいましたが、友人に「離脱症状がひどいと災害時に(飲めないから)絶対よくないよ!!」と言われたのをきっかけに、少しずつ飲む回数を減らしました。

2杯をこの間隔で飲むと一日離脱症状なく過ごせます。

 

カフェインレスにしようと思ったきっかけ

私がいつも拝見しているチェスキーさんのブログ記事でカフェインの離脱症状による頭痛の記事を読みました。

aquarelax.hatenablog.com

 私も緊張型頭痛と偏頭痛の両方持ちで、カフェイン切れた時の頭痛の苦しみは体験済みなので、読んでいるだけで「あぁ、わかるわかる」と共感の連発でした。

 

こちらの記事を読む少し前に、実家に寄ったときに母に「コーヒーがちょっと濃過ぎじゃない?!」と コーヒーの濃さにびっくりされたこともあり、今年の年末年始は休みが長いのでこの期間で少しカフェインを減らすようにしよう!と決意しました。

 

カフェインを減らした過程

さっそく翌日にカフェインレスコーヒーを購入しました。

 妊娠中も愛飲していて味がわかること、わりとどこでも売っているということでこちらのコーヒーを飲むことに。

仕事に支障が出るのは怖いので朝は今まで通りです。

 

お昼のコーヒーを半量に減らし、薄く感じる分をカフェインレスで補い1週間。

初めのうちは朝起きぬけに頭痛がありましたが、1週間後にはなくなったのでお昼のコーヒーをカフェインレスに置き換えました。

 

 

仕事も完全に休みになり、家族の用事もなくなったため、昨日から朝もカフェインレスにしてみました。

 

昨日は頭痛はほとんどなかったのですが、普段眠くならない午前中に猛烈な眠気が。

たまらず昼寝しましたが、午後になっても眠気が続きました。

今朝はたっぷり眠ったこともあり眠気も頭痛もなく、筋肉痛や気管支炎も昨日ほど酷くなくなりました。

カフェインの離脱症状の例

私が体験した離脱症状は4種類。

頭痛

筋肉痛

喘息(気管支炎)

眠気

 

他にも自覚症状がなくてカフェインのせいというものもあるかもしれませんが、私がこれまで体験した症状を詳しくご紹介します。

頭痛

これは真っ先に起こる症状です。

頭が重いような鈍い痛みで、カフェイン切れが進むにつれて痛みが増してきます。

辛さ的には偏頭痛に近いような酷いと動けなくなる痛みです。

毎回一番最初に出てくる症状なので、頭痛が始まったらすぐコーヒーを飲んでいました。

飲むとわりとすぐに治るので、カフェイン切れで間違いないですね。

 

産後に同室の方が頭痛に悩んでいたのですが、その時に助産師さんも「カフェインが頭痛に効果があるから、少し飲んでみたら?」と提案していました。

筋肉痛

私は頭痛とほぼ同時に背中から腰に掛けて筋肉痛が発生します。

筋肉痛というか全身の血行が悪くなる感じで、気管支炎はこの影響じゃないかなと思います。

私は小児喘息だったのですが、主治医の先生に「苦しいときは紅茶を飲みなさい」とお勧めされていたので、カフェインのおかげで気管支が広がるのかなと思っています。

眠気

今回初めての症状でしたが、昼のコーヒーをカフェインレスにしてから夜眠くなるのが早くなったなと感じていたので、今まで夜起きていたのはカフェインの影響だったようです。

 

カフェイン抜き生活のまとめ

いかがでしたか?

様々な離脱症状があるのでご紹介した以外にも症状がでるかもしれません。

私はコーヒーは好きなので離脱症状に悩まない程度に飲みたいなぁと思っています。

ほどほどに嗜みたいですね☆

 

 

ご挨拶

10月からこのブログを始めて約3か月、拙い文章ながらも続けてこられたのはブログを読んでくださる皆様のおかげです。

本当にありがとうございました!

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村