【簡単おかず】にんじんと粉チーズでもう一品!彩りになる副菜レシピ

【簡単おかず】にんじんだけでもう一品!粉チーズあえで彩り副菜レシピ

読んで下さりありがとうございます。

毎日の献立、考えるのは大変ですよね。

私は料理を作るより献立を考える方が苦手です。

特にメインは決まったのにあと一品何か欲しい時、本当に頭を抱えてしまいます。

そんな我が家の救世主!

子供たちにも好評なにんじんを使った一品料理をご紹介します♪

スポンサーリンク

にんじんの栄養は?

人参の栄養

にんじんは名前の由来にもなっているカロテンが主な栄養素ですが、他にもたくさん栄養が含まれています。

普段スーパーに並んでいる人参は五寸にんじんという種類です。

以下は五寸にんじんの主な栄養。

βカロテン

βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。

髪の健康や視力の維持、皮膚や粘膜の健康、さらにのどや肺などの呼吸器を守る働きがあるといわれています。

カリウム

体内の塩分を排出する栄養分。

血液の循環が期待されるので、高血圧の方は特に意識して摂取したい栄養です☆

その他もろもろ

ビタミン各種(B1、B2、E、K、B6、C、葉酸、パントテン酸、ナイアシン)、食物繊維など。

健康や美肌・美髪に良い栄養がたくさん含まれています☆

スポンサーリンク

美味しいにんじんの選び方

オレンジ色が濃く、表面に黒ずみやひび割れがないものが良いです。

芯は細い方が良いそうです。

葉っぱがついているものは葉のみずみずしさもチェックしましょう☆

※葉に栄養を取られてしまうので、葉つきのものはすぐ葉の部分を切り落としましょう。

にんじんの粉チーズ和えレシピ

レシピと言うほどのものでもありませんが。。

用意するもの

にんじん

オリーブオイル(サラダ油でも!)

粉チーズ

塩コショウ

全て適量でOK!

にんじんを細切りに

人参の中心部にはほとんど栄養がなく、外側に行くほど栄養価が高くなるそうです。

そのため、細切りにするときも縦に切るのではなく、斜めに薄切りしたあと細く切った方が一切れ当たりの栄養バランスが良いのでおススメ。

さらに、にんじんの皮は非常に薄く、スーパーに出荷する前の水洗いで流れているので皮ごと使うか剥いても薄くした方が栄養たっぷりです。

油で炒める

にんじんが柔らかくなるまで油で炒めます。

火が通ったら塩コショウで軽く味付けします。

にんじんに含まれるカロテンは油と一緒に摂取すると体内への吸収が良くなるので、にんじんは油で炒めて使うのが最適な野菜だそうです☆

サラダ油でもオリーブ油でもお好きな油でどうぞ☆

お皿に移し粉チーズをあえます

我が家は粉チーズ大好きなので粉チーズをたっぷりかけてあえていますが、上に軽く振る程度でも美味しいです。

フライパンでかけてしまうと熱でチーズが溶けたあとお皿に移している間に固まってしまうので、お皿に移してからかけた方がまんべんなくチーズがいきわたります。

名付けてにんじんパラダイスの完成

人参の粉チーズ和え

にんじん一本分ですが、あっという間になくなります。

塩とチーズの塩分がにんじんの甘みを引き立ててくれます♪

とっても簡単ですが、にんじんのオレンジで食卓が華やかになります☆

お弁当にも♪

余談ですが、我が家の娘(6歳)はこの料理を

「にんじんパラダイス」

と呼びます(笑)

あと一品に悩んだときはぜひにんじんパラダイスを作ってみてください♪

使っている粉チーズはこちら↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント