整った家で暮らしたい

ズボラ主婦が家の中も自分の心身も整った暮らしを目指す雑記ブログです。

【大掃除】食器棚シートを外しました。ないと気になるところと私の対処法。

読んで下さりありがとうございます。

 

食器棚シートの必要性の記事で食器棚シートをなくすことにしたところ、やる気スイッチが入り全棚のシートを外して掃除を終えました。

www.comfortable-lifestyle.com

 

実際に外してみると、何点か気になったところがあるのでポイントと実際の対処法をまとめていきたいと思います。

食器棚シートがないと気になるところ

我が家の食器棚の中ですがお皿は上向きに置いてあるのですが、お茶碗とお椀とコップは伏せて置いています。

 

伏せた方がスペース的にも重ねた時のバランス的にも良い為です。

 

シートがないと口をつけるところが棚に直接当たるので、なんとなく嫌だなと。

 

同じような理由で調理用具を入れている引き出しも、菜箸やお玉などが直接棚板にあたるのが気になりました。

 

そして、先日の記事でも書いたようにお鍋のコーナーもやはり敷くものは必要です。

食器棚シートの代わりに敷くものを考える

食器棚

棚の3分の1程度のスペースなのでシートを敷いても丸まってしまいそうな幅です。

 

キッチンペーパーを敷こうかと思っていたのですが、ちょうど家で使っている使い捨てられるダスターがあることを思い出しました。

f:id:fuuchin:20191208215011j:imagef:id:fuuchin:20191208215017j:image

 

こちらのダスター、ニトリで販売されている厚手布巾30枚入りです。

値段は税抜き370円です。詳細はこちら

www.nitori-net.jp

 

こちらの布巾は100均で販売されているよりも厚手でしっかりしているので、洗っても使えるし使い捨てても惜しくない値段なので我が家では活躍しています。

 

これを先ほどの気になった部分に敷くことにしました。

 

敷いてみるとこんな感じです。

f:id:fuuchin:20191208221309j:image

 

色柄も落ち着いた感じなので棚の中でも主張せず、1枚に広げた状態でもしっかりガードしてくれそうな感じです。

 

調理用具の引き出し

もう一か所気になった調理用具の引き出しですが、こちらは食器棚よりも奥行きがあるのでダスターだと幅が足りません。

 

しかも、調理中に開け閉めをするので意外と汚れが飛んでいたりします。

 

そのため、掃除頻度も割と高いのでこちらの引き出しはキッチンペーパーを敷くことにしました。

ダスターよりもためらいなく使い捨てられるので、汚れたらこまめに変えれば衛生的ですよね☆

 

お鍋コーナー

お鍋の引き出しはふちが当たっていた引き出しの側面には既に黒ずんだ跡ができてしまっています。

傷がついてしまったものはどうしようもありませんが、底面に傷が入らないようこちらは100均で販売されているアルミの流し台シートを敷きました。

 

食器棚シートなしの生活を始めて

今回の大掃除はシートを外すだけだったので、例年何日も(夜2時間ずつくらい)かけて交換していたのが、1日で済みました!

すごく時短です。

 

実際にシートを外してから数日たちましたが、お皿をしまうときにシートがずれないように気を付けて置かなくてもよくなり快適です。

 

今のところ全く不自由がないので、多分敷くことはないんじゃないかと思います。

もし、敷物が欲しくなったらシートではなくダスターで代用します。

 

やってみてだめなら戻すの精神で片付けを始めると意外と何とかなるんだなと思いました。

食器棚シートのない生活もなかなかお勧めですよ。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村