整った家で暮らしたい

ズボラ主婦が家の中も自分の心身も整った暮らしを目指す雑記ブログです。

シーツ交換が嫌いな人へ!少しだけ楽になるおススメシーツ

シーツ交換が嫌いな人におススメするシーツ
読んでくださりありがとうございます。

皆さん、シーツはどんなものを使っていますか?

私は、シーツをピシッと付けられないのでシーツ交換は嫌いです。。

(我が家は和室に布団で寝ています)

それなのに我が家の息子はよく鼻血を出すので起きたらシーツが汚れていることがしょっちゅう。

シーツを洗濯する頻度が多いのですが、嫌いなのも相まって苦行でしかありません。。

そんなシーツ交換を楽にするために、シーツの種類を色々試してみました。

シーツの種類

シーツの種類はざっくり分けると3種類

 1枚布のフラットシーツ

4隅をかぶせるワンタッチシーツ

ファスナーがついている布団カバー

 それぞれメリット・デメリットがあります。

フラットシーツ

フラットシーツのメリットは

乾きやすい

つけ外しが簡単

 頻繁に取り外す場合、一番着脱しやすいシーツです。

しかし、着脱しやすいがために寝相が悪いとすぐに外れてしまいます。

寝相が激しいお子さん(大人も)にはあまりお勧めできません。

我が家の子供たちは寝ている間に大冒険に出かけ、起きたら全然違うところにいるので、フラットシーツだと朝には外れて端っこで丸まっています。

ワンタッチシーツ

ワンタッチシーツのメリットは

ずれにくい

着脱しやすい

フラットシーツほどではありませんが、着脱は簡単です。

そして多少寝相が悪くてもシーツがずれることはありません。

デメリットは装着するときに布団が縮こまってしまうことと、ゴムが入っている部分が洗濯時に乾きにくいというところでしょうか。

布団のサイズをしっかり測らないと布団に段ができて寝心地サイアクになります。

布団カバー

布団カバーのメリットは

乾きやすい

カバーがずれない

ワンタッチシーツのように縮こまる部分がないので、フラットシーツに続いて乾きやすいです。

また、布団を包み込むためカバーが外れることがありません。

逆に布団をカバーに差し込むので着脱がとっても大変です。

我が家のおススメはワンタッチシーツ

寝相が良ければ間違いなくフラットシーツが一番楽かと思いますが、寝相が良くてもやはり少し動いただけでずれるのが気になってしまいます。

布団カバーは自分一人分なら耐えられるけど、4人分の布団に着脱するのはやっぱりつらい。。。

ということで、シーツ交換が嫌いな私でもそんなに負担に感じないのはワンタッチシーツでした。

実際、ワンタッチシーツに変えてからシーツの洗濯頻度が週1回以上になってもそんなに苦痛に感じなくなりました☆

鼻血の落とし方【おまけ】

洗濯機に入れる前に手洗いします。

鼻血に限らず血液はお湯で洗うと固まるので、必ず水洗いします。(冬はつらいですが)

水だけでこすっても落ちますが、ハンドソープをつけてもきれいになりますよ。

つけ置きする場合は「セスキ炭酸ソーダ」がおススメです。

洗濯用漂白剤は落ちにくくなってしまうのでNGです!

シーツ交換を楽にする選び方まとめ

いかがでしたか?

ご家庭の使用状況によっておススメは変わりますが、ワンタッチシーツはお勧めです!

毎日とはいかないですが、以前よりもこまめに洗濯しようと思えるようになりました。

シーツ交換が嫌いな方はぜひ、今と違うタイプのシーツを試してみてください♪

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村