ポジティブな言葉を選んで自分をコントロールする方法。言葉の力は大きい!

読んでくださりありがとうございます。

 

f:id:fuuchin:20191030122717p:plain

数日前から風邪を引いてしまい、少しパソコンから遠ざかっていました。

 

いつもはなるべくポジティブな言葉を自分に言い聞かせるように独り言でブツブツ呟くのですが、1年を振り返って怪我が多かったなぁとか、最近仕事辛いなぁなんてネガティブになった隙に病原菌にやられてしまいました。

 

やっぱり言葉の力は大きいです。

 

ポジティブに宣言している時は活動も順調だし、ネガティブになるとだいたいいつも体調を崩してしまいます。

 

ポジティブだと例えば「疲れたから休憩」よりも「頑張ったから休憩」と言って休む方が同じ休憩でも休んだ後のスッキリ感が変わります。

 

約束をドタキャンされても、「家で休めって事だな」とか、いい方に考えるだけでそんなに腹も立ちません。

 

子供達にも「これしかできなかった」じゃなくて「こんなにできた」とか「できなさそう」じゃなくて「やってみよう」とかなるべく「ない」を使わないようにした方がうまくいくよと教えています。

 

自分の限界を超えて忙しいとネガティブになる時もありますが、そういう時は口に出さないように気をつけています。

 

子供達もポジティブ表現を始めたら、それまで全然覚えられなかった英語が頭に入ったりと効果はあります。

 

どうやったらポジティブな表現になるか考えるのがまた面白いですよ。

 

最近ついてないなと思った時は、ぜひポジティブに言い換えるように試してみてください☆

 

私は今回の風邪は、ここ数年クリスマスは胃腸炎でぐったりしていたので、寝込むほどの大病じゃなくて良かったねと思っています。

 

元気になったらまた頑張りますー♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 

コメント