整った家で暮らしたい〜ゆるラク家事で目指す快適生活〜

ゆるい手抜き家事でも快適に過したい!ママも自分時間を楽しめるラク家事育児を発信中

マスクのせいで肌が荒れる。マスクの皮膚トラブル対策で負担を軽減

マスクのせいで肌荒れが!マスクの皮膚トラブル対策
読んで下さりありがとうございます。

 

春の気候や暑い日のマスクの蒸れで口元荒れていませんか??

 

今のところ私はそこまで酷くないのですが、肌の弱い夫はマスクの部分に湿疹ができています💦

 

痛みはないようですが、これ以上悪化する前に対処してあげたいと思い、できそうなことをまとめました。

マスク生活で肌が荒れる

マスクによって肌が荒れる原因は大きく2つ。

マスクの蒸れや乾燥

マスクの素材や摩擦による刺激

 

この原因に対処することで、肌トラブルが少しだけ軽減できそうです。

マスク内の乾燥

マスクを着けていると気づきにくいですが、マスク内は吐息による水蒸気で肌表面の水分も蒸発してしまうそうです。

さらに吐息に混じった菌も、マスク内が蒸れていることで繁殖しやすい環境ができてしまっています。

 
乾燥による肌荒れの予防には

・ 肌を清潔にするように心がける

 

・ マスクの着用前にはワセリンやクリームで保湿をする

 

・ マスクを着けた後の洗顔はいつも以上に丁寧に優しくする

マスクの着用で肌が敏感になってしまっているので、丁寧に優しく洗顔することと、時間をかけてしっかり保湿することが大切ですね!

 

夫は車通勤なので、マスクを着用する時間を最小限にとどめるために、職場にいる間だけマスクをしています。

また、ひげ剃りによるダメージも大きいので、ひげ剃りを2日に1回に減らして対処しています。

ひげの部分はどうせマスクで隠れて見えませんからね!

ただ、ひげが伸びているとマスクに引っかかってケバケバになるようです💦

マスクの素材や摩擦による刺激

マスクの不織布って何でできているかご存知ですか??

不織布マスクの素材

不織布マスクの素材

そう不織布マスクの原料は、ポリプロピレンです!

 

ポリプロピレンはプラスチック素材の一種で、食器や包装容器類、他にも紙おむつや生理用ナプキンの不織布などに使用されている素材なんですね!

ポリプロピレン(PP)の特性と用途 家電製品から繊維まで

 

食器とマスクが同じ素材でできているって、考えてみるとすごい技術ですよね!

 

でも、肌が敏感だと紙おむつで肌荒れする赤ちゃんや生理ナプキンが合わないという方も結構いますよね。

 

マスクも同様なので、不織布が肌の刺激になってしまっている方も多いと思います。

マスク自体の刺激を減らす方法

・ 顔とマスクの間に1枚布を挟む

 

・ 違う素材のマスクを使用する

一番良いのは肌に優しい素材のマスクを着けること。

ガーゼや綿、シルクなどもあるそうです。

 

・・・だた、このご時世マスクの素材など気にしていられないですよね💦

 

なので、直接肌に触れないようにするため(暑いですが)一枚布を挟むのが効果的です。

 

ただ、ガーゼもポリエチレン製のものがあるので、素材をよく確認してコットンガーゼなどを挟むようにしてください。

素材にこだわって手作り

上で挙げた肌に優しいシルク素材。

既製品の購入は難しいかもしれませんが、手作りなら素材にこだわることもできます。

 

手作りマスクなら必要な量を揃えればこまめに取り換えることもできるので、肌に優しいですよね✨

minne.com

www.creema.jp

肌の保湿と摩擦を減らして乗り越えましょう

まだまだマスクは欠かせないですよね。

 

でも、マスクも店頭で見かけることが増えてきたので、このまま順調に入荷されるようになれば不織布マスクでもこまめに交換できるようになるかもしれませんね!

 

予防のためだけなら家にいる時はマスクを外したりして、肌を休ませてあげましょうね。

 

肌のお手入れとマスクの工夫で、これからの季節の肌トラブルも頑張って乗り越えましょう✨

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 


ライフスタイルランキング