整った家で暮らしたい

ズボラ主婦が家の中も自分の心身も整った暮らしを目指す雑記ブログです。

休校・休園中も充実した生活を!やることを決めてストレスを最小限に。

休校・休園中も充実した生活を送る方法
読んでくださりありがとうございます。

急に学校の休校や幼稚園の休園が決まり、バタバタしています。

我が家は2人とも2週間のお休みが決まっているので、休校(園)中はどのように過ごすか決めました。

休校・休園中も規則正しい生活を

普段の休暇は習い事はあるので割と規則正しく生活できていますが、今回は習い事も何もないため生活リズムが激しく乱れる可能性も。

そのため、意識的に規則正しい生活を送るよう心がけないといけません。

起床と就寝の時間は学校と同じ時間にしておきたいところです。

一日の予定を決める

時間割を作って、その時間で動ければ一番良いかもしれません。

我が家の場合は私が仕事の日は家で留守番か祖母宅にいるので、時間どおりは難しそうなので、ざっと毎日やることを決めておきます。

決めた範囲の勉強

習い事の自主練習

軽い運動など庭でできること

家事のお手伝いをいつもより多く

やっぱり毎日学習する習慣は継続したいので、学校の宿題の他にも勉強をしてもらいたいと思っています。

勉強について

休校中の勉強


小3の息子は漢字(1年から3年まで全部)の復習と掛け算のひっ算を集中的にやらせようやってもらう予定です。

ちょうど小学校も折り返しなので、主に3年生の復習ですが漢字も結構忘れているのでできれば復習させたいところです。

年長の娘も「お兄ちゃんばっかり」と言っているのですが、1年生の勉強を先取りするのはよくないと思い幼稚園で習っているひらがなとカタカナをきれいにかけるように練習させることにしました。

あとは100円ショップで売っている迷路や謎解きみたいなのをやってもらいます。

だらだらやっても身につかないので、一回30分を2~3回分くらいで取り組めればいいかなと思います。

追加で頑張ったらゲーム時間に加算する方式にすればより頑張ってくれそうなので、取り組み姿勢をみて検討しようかなと思います。

身体を動かすのは欠かせない

休校中の運動


このお休みの間一番心配なのが体力の低下と運動できないストレスです。

普段二人とも体育の他に水泳教室にも通っているため相当な運動量なので、やらないことによって筋力も体力も落ちるし本人たちもストレスを感じると思います。

友達と遊んだりはさせられませんが庭で一緒にバドミントンやボールで遊んだり、野球の自主練などに付き合ってあげる予定です。

家の中でもストレッチしたり、子供達だけでは難しいので少し負担ではありますが付き合ってあげないとダメかと思っています。

家事も協力してもらう

休校中はいつもよりお手伝いを


普段はやってもお風呂掃除や洗濯ものを畳む程度ですが、料理も手伝ってもらうつもりです。

いつもは習い事をしていてご飯支度の時にいない息子、帰ってきたらすぐにご飯にしたいので手伝いをお断りすることの多い娘。

せっかくなので、一緒に料理を作れたらいいかなと思います。

お菓子作りもいいかなと思いますが、運動できない分太りそうな気も・・・

家族で一緒にできることを増やす

外出できない以上、家族で楽しむしかありません♪

いつもは1時間と決めているゲームもみんなでやるなら少しくらい長引いてもいいかなと思っています。

あとは、娘が学級閉鎖になった時にお世話になったアマゾンプライムビデオにも再びお世話になることが有りそうです。

Amazon Prime Videoで学級閉鎖の引きこもりを乗り越えろ!

娘、学級閉鎖になった上に卒園前の2週間もなくなってしまい、心が痛みます。。

【番外編】1年間のプリント整理など

とにかく外に出られないので家をきれいにするチャンスです!

1年間のプリントや図工の作品などを整理してもらおうと思います。

このプリント類の仕分けはあくまでも子供が主体なので「それ要るの?」と思っても飲み込みます(笑)

子供のプリントや手紙類は溜め込まない!見落としがないように整理する方法【小学校】

私も、幼稚園が終わるので園で使っていた品々をどうするか目途を立てておくつもりですが感慨深くて処分に困ります( ;∀;)

普段時間がなくて取り掛かれないことにも時間が当てられるので、面倒でも頑張ろうと思います。

休校・休園中にやっておきたいことまとめ

いかがでしたか??

我が家は2週間の予定ですが、1か月あるご家庭も多いはず。

ボーっと過ごしたらもったいないこの期間、親子ともストレスを最小限に過ごせるのが一番です。

早くこの非常事態から立ち直れることを願い、一人一人ができることに努めていきましょうね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村