整った家で暮らしたい

家の整理整頓、掃除などの日常を書き綴ります

MENU

システム手帳でバレットジャーナル?①

読んでくださりありがとうございます。

 

先週から1人の時間がなくてイライラ、ネガティブ気味なふぅです。

 

仕事の休みはあっても、家事や子供の相手をしているとなかなか自分の休息にはならないなと思います。

 

今日は仕事がなく、1時間ほど学校に行くだけだったので、100均巡りと手帳タイムで気晴らししました!

 

カフェに行く時間まではなかったので家でコーヒー&手帳タイムです。

f:id:fuuchin:20191021121325j:image

 

いつもはマグカップで飲みますが、カフェタイムの時はこのタンブラーでたっぷり時間をかけて飲みます。BGMにラジオもかけて、本格的にカフェ風にします。

こだわりで、手帳タイムはカフェでも家でもカフェモカを飲みます。

同じ物を飲むことでスイッチが入るんですよね。

余談ですが、エメラルドグリーンがすごく好きです☆

 

 

手帳とバレットジャーナル

私の相棒

f:id:fuuchin:20191021210116j:imagef:id:fuuchin:20191021222453j:image

レイメイ藤井key wordのポケットサイズを一年ほど使っています。

私の1番小さいショルダーバックに入るのでこちらのサイズを選びました。

中の花柄も可愛いくてお気に入りです。

 

 

ついつい緑ばっかり身につけてしまうので、赤い手帳は気分を変えてくれます♪

 

 

ペンの軸は好きな色をと思い、STYLE FITに黒・青・緑・赤・オレンジのリフィルを入れています。

書いているうちに軸の付け根にひびが入ってしまったのでマスキングテープで補強しています。

まだまだ使えるので(;'∀')

 この手帳でバレットジャーナルの手法を利用しています。

 

 

バレットジャーナルとは

本日のタイトルバレットジャーナルについてです。

ニューヨークのライダー・キャロルさんが考案した「・(バレット)」で自分の予定ややることを箇条書きし、整理するノート術です。

 

ノートとペン1本で始められ、自分好みのカスタマイズもできるので誰でもすぐに取り入れられます。

 

最近SNSなどではきれいなイラストや華やかに彩られた素敵なバレットジャーナルがたくさんありますよね。

 

しかし私は絵心もなく、面倒くさがりなので基本に忠実。シンプルな箇条書きです。

 

文字しかない。。

 

でもそのおかげで、続けられているんだと思います。

 

 

ノートではなくシステム手帳な理由

もともとはA6サイズのノートを使っていたのですが、不器用なのでページの配分が下手すぎ、あちこちに情報が飛んでしまうのがストレスだったんです。

 

※ノートにページ数を振って、目次を作るので情報が飛んでいても次がどのページに書いてあるのかは分かる仕組みになっていますが、私はパッと見てまとまっていないのが気になって、思考の整理のはずがまとまらなくなってしまったので。

 

基本も大事だけれど、自分がストレスに感じていたら使わなくなっていくので、ページの差し替えができるルーズリーフかシステム手帳で代用できないかと思いつきました。

 

ルーズリーフだと使っていたノートの倍の大きさがほとんどなので、システム手帳を選びました。

 

だいたい3か月で飽きては違う手帳を探していた私が1年も同じものが使えるなんて、自分でも感動しています。

 

 

※手帳の中身については長くなるので後日書きます。

 

本日の手帳タイム

 

1時間半くらい色々考えました。本当はもう少し時間をかけたかったのですが娘の帰宅時間が来てしまい強制終了です。

 

でも、手帳に色々書きだすことで頭の中も整理されるし、自分の押し殺している感情や本心も素直に出せるので「書く」うちに自分の内面と向き合って、心が穏やかになる気がします。

 

メモ紙でもチラシの裏でも、ストレスがたまったときは思いつくままに落書きをするのはお勧めです☆

 

文字でもイラストでもすっきりするのでぜひお試しください♪

 

 

 

※10月30日追記

手帳の中身の記事も書きましたので、よかったらこちらもどうぞ↓

www.comfortable-lifestyle.com

 

 

www.comfortable-lifestyle.com

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村